腰痛を回避するために行っている事

PR| 大阪市内でのご葬儀プラン | 美容皮膚科は渋谷で探す

腰というのは体の中心となるのでそこが痛み出すととても大変です。そんな痛みを感じたら、まともに歩くこともできなくなります。足を怪我して長町の外科を受診したあと、足をかばって歩くうちに腰が痛くなってしまいました。それが慢性化し、そのうち激しい痛みもでるようになり、脊椎の病気を疑い、クリニックを受診しようと思い至りました。持病があると仕事にも支障をきたすことになり迷惑をかけることになるので、予防をすることが大事だと思います。Twitterで炎上していた投稿動画では、気で腰痛を直すという施術が紹介されていましたがたった一回の施術で深刻な腰痛は治らないとおもいます。東京の整体院で慢性疲労が腰痛につながるといわれましたが、その通りだとおもいます。次に私が考える腰痛回避の予防方法をご紹介します。

・重たい荷物を持たない
腰痛になる一番の原因としては、なんといっても重たい荷物を持つことから起きることが多かったです。そのことから、できるだけ重たい荷物を持たないことにしています。引越しなどは、業者に全て任せることにしているし、部屋の模様替えの時も決してひとりで行わない等の工夫をすることにしています。

・腰を曲げてモノを拾わない
何かが落ちた時など、それを取ろうとして前かがみになることがありますね。その時、腰を痛めてしまうことがあります。ごきっと音がすることもあり、その時に痛めるのです。そのため、できるだけ腰を曲げないように足を曲げて座った状態で拾うことにしています。すると、腰を痛めることが少ないです。

・歩く姿勢も注意する
猫背であると、やっぱり腰を痛めることが多いことがわかりました。それは、背中と腰の筋肉が弱っていると思うのです。それらの筋肉が弱くなっているので、そんな風に腰を痛めてしまうのです。そこで意識をして、歩くときは背筋を伸ばすことにしています。

・急に動かない
ものを取る時に腰を痛めることがありますが、もう一つ痛める原因として急に動くこともあります。急にぱっと立ち上がる等の時に、痛みが走ったことがありました。そのことから、急に立ち上がることをしないようにしています。

腰痛は、起きてしまうととても辛いです。そのことから、予防を意識して実施することにより、その辛さを回避することができます。予防方法は、体にも良いことなので実施を続けて行きたいと思っています。